泉ボタニカルガーデンで癒しのひとときを!紅葉シーズンも楽しい

あそぶ・過ごす

家族や友達、恋人とどこ行こうか計画中、そんな時!泉ボタニカルガーデンに来てみてはいかかでしょうか?今回は、癒しのひとときをを過ごせる泉ボタニカルガーデンをご紹介します。

今回訪れた時は、ちょうどハロウィンの装飾が施されていました!

こちらの記事もあわせてぜひご覧ください

山の魅力大発見!四季折々の美しい景色と様々なイベントが楽しめます!「スプリングバレー仙台泉 ZIPラインアドベンチャー」【体験レポ】
皆さん、ジップラインを体験した事はあるでしょうか?冬はスキー場、夏から秋にかけてはさまざまなアクティビティが楽しめるスプリングバレー仙台泉ですが、今回、私たちは初めて「ZIPラインアドベンチャー」を体験してきたので、その様子や感想をご紹介...

自然を感じられる泉ボタニカルガーデン

泉ボタニカルガーデンは、泉ヶ岳のふもと、七北田ダムの湖畔に広がる自然植物園です。季節に応じて様々な植物を鑑賞でき、野鳥や昆虫などの生き物にも触れ合える、自然豊かな憩いの場です。

今回は、鎌田園長に案内していただきながら園内を見て回りました。

紅葉の時期ですが、秋に咲く花もたくさんありました。

バラもまだ咲いていました。

フォトスポットを巡りながら…

泉ボタニカルガーデンは地図の通り広い敷地となっています。

私たちが訪れた時はちょうどハロウィンの時期だったため、園内もハロウィンの装飾が施されていました。

園内には数カ所のフォトスポットがありますが、これらもハロウィン仕様になっており、探しながら園内を歩くというワクワク感がありました!

こちらの小屋の飾りは、前年にガイコツがいたのですが、怖くて泣き出すお子さんが多かったため今年は少しマイルドになっているとか。

装飾は毎年変わるため、一度行った人でも楽しめるようになっています。

園内はペットを連れている方や子供連れの家族が多く見られました。

今年は開催されていませんでしたが、夏などには園長が案内してくれる「夜の観察会」を家族連れ限定として行われています。

「夜の観察会」は一晩、5組の家族連れ限定としていて、いつも満員御礼になるそうです!泉ボタニカルガーデンはペットのお散歩や子供連れの家族にも楽しめる園になっています!

また、この日はマルシェイベントも開催されていました。出店者さんやお客さんでにぎわっていました。

ゆっくりランチタイム 【カフェ フェリシア】

園内を散策する前に同じ敷地の中にあるカフェで、みんなでランチをしました!

ここでは自然と共にゆっくりとお食事をすることができます。

カフェのメニューはカレーやパスタ、うどん、そば、ピザなど様々ありました。

泉ボタニカルガーデンの近くには七北田ダムがあり、それに伴った、七北田ダムカレーもあります!また、ケーキセットやティーセットなどもあり1日いても飽きません!ハロウィンということもあり、ハロウィン限定のケーキセットもありました。

「フェリシア」は、バラの名前から命名されたカフェ。季節の花々を見ながら、ゆったりとした時間の中で、ケーキやお茶を楽しめます。ケーキは全て無添加の手作り。パスタやうどん、そば、ソフトクリームなどの軽食もあります。

カフェグランドメニュー

ケーキセット/本日のケーキ+ドリンク
※ドリンクはコーヒーor紅茶からお選び頂けます。
¥850
バラジャム食べ比べセット¥500
プレミアムティ¥800
オリジナルハーブティ¥800
ソフトクリーム¥350
オリジナルハーブティ¥800

フードメニュー

自家製トマトケチャップのナポリタン¥850
たっぷりきのこの和風パスタ¥850
七北田ダムカレー¥900
定義の三角油揚げのキツネそば・うどん¥800
ミックスピザ¥800

泉ボタニカルガーデンのおすすめフォトスポットなどをインタビュー

園長の鎌田 侑さんに、泉ボタニカルガーデンのおすすめスポットなどをお伺いしました。

鎌田 園長:水芭蕉、龍銀花、沢を埋め尽くすように咲くってところで、自然の中で花がフォトスポットを作ってくれるんですよね。

右手側の斜面に緑色の壁があると思うけど、一面がシャクナゲで、6月になるとバラが咲いてくる。広場外周がバラで、200品種くらい植えてある。

結婚式の撮影とかをする人もいますね。今の時期だと頑張ってハロウィンの装飾をして、園内に何か所かフォトスポットも作っています。

ダムがあって、泉ヶ岳があって、晴れた時には青空と花と山とっていう構図でとってもらってもいいし、木陰に座って写真をとってもいいし、撮る人の腕で写真が化ける。いろんな風に撮ってもらえる。

特色でいうと、さっき言ったような斜面のもの。東北の中では一番面積が大きいんじゃないかな。

元々、シャクナゲの斜面が、泉ボタニカルガーデンのスタートに近くて。ここはシャクナゲの圃場で、大きくして、庭に使ったり、販売する目的で、西公園の植木市でシャクナゲを売ったりしていて、余ったものを植えようってなって、植えてたら大きくなっちゃった。

山が花で埋め尽くされたって言うところ。ダムの所長がそれをみてて、これは七北田ダムは公園がちっちゃいから、観光の名所になるのでは?という話がでて、先代の僕の祖父に当たる会長が1人で始めたって言うのが、最初のストーリーとしては違うところ。場所的には泉区の辺鄙なところにあるけど、そんな経緯で。植え始めたのが先で、ダムが出来たのが実は後なんですよ。


園内には様々なフォトスポットや絶景ポイントがあるので、ぜひみなさんも歩いてみて自分のお気に入りポイントを見つけてみてはいかがでしょうか!

施設概要

泉ボタニカルガーデンの詳細は以下の通りです。

住所    〒981-3225 宮城県仙台市泉区福岡字赤下

電話番号         0120-027-028

開園期間    4月9日〜7月31日  9月1日〜11月13日

         (※毎週水曜日休園、祝日の場合翌日となる)

料金    大人500円  小学生100円(未就学児は無料)

         (※団体割引として10名以上で大人300円)  

営業時間         9:30〜17:00(最終入園16:30)

注意 園内は広く段差もほとんどなく歩きやすくなっていますが、雨の日は滑りやすくなっているので足元に注意する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました